小児がん

主な小児がん

神経芽腫
神経芽腫は、副腎や背骨の近くにある交感神経節に発生するがんで、1歳以下で発症することが最も多く、大部分は5歳までに見つかります。
ウィルムス腫瘍
ウイルムス腫瘍は、小児の腎臓にできる悪性腫瘍であり、小児の腎臓にできる腫瘍の90%を占めています。
肝芽腫
肝芽腫は、子どもの肝臓にできるがんで、発症年齢は新生児期から2才までで7割以上を占めています。