ウィルムス腫瘍

ウィルムス腫瘍ってどんな病気?

ウィルムス腫瘍は、腎芽腫とも呼ばれ、小児三大固形悪性腫瘍の一つで、小児の腎臓にできる悪性腫瘍であり、小児の腎臓にできる腫瘍の90%がウイルムス腫瘍です。

小児における固形がんでは、神経芽腫に次いで多いとされ、一般的に発生に左右差はなく、左右のどちらか片方の腎臓にできますが、5%程度に両側に発生することがあります。

ウィルムス腫瘍の半数が2歳までに発症し、全体の90%が5歳までに発症し、男女の発生率はほぼ同等ですが、わずかに女児に多い傾向があります。

ウィルムス腫瘍の症状

ウィルムス腫瘍の主な症状は、腹部腫瘤と腹部膨隆です。
そのため、腫瘍がある程度大きくなるまでは、気づかないことが多く、大きくなってはじめて入浴時などにおなかにしこり又は腫れがあると気づいて発見されることが多いです。

基本的に痛みを感じることはありませんが、腹痛、嘔吐、発熱、血尿、不機嫌などの症状がみられることもあります。

ウィルムス腫瘍の検査

腹部超音波
おなかにゼリーを塗り、超音波を発生させる専用の機材でおなかの中を見る検査です。
これによって腎臓に腫瘍があるか、また転移の有無を調べます。
CT、MRI
CTやMRIといった画像検査を用いて、カラダを様々な角度から撮影して、腫瘍の有無や腫瘍の位置、転移の有無などを調べます。

ウィルムス腫瘍の治療法

病気の進行具合にもよりますが、基本的に手術療法・化学療法・放射線療法が中心となります。

腫瘍のある腎臓を全摘出または、化学療法である程度腫瘍を小さくしてから腫瘍のある部分のみを切り取る部分切除など、病気の進行具合や腫瘍の位置、転移の有無などを総合的に判断して治療法が決められます。