あせも

あせもについて

あせもは、正式名称を汗疹(かんしん)といい、大量の汗をかいたりして皮膚の表面にある汗の出口や、汗の通り道(汗管)が詰まって周囲の組織が炎症を起こしたものです。

あせもは、汗を多くかく夏場に多く、また子どもがなりやすい皮膚疾患の一つです。

子ども、特に赤ちゃんがあせもになりやすいのには、いくつかの原因があります。
赤ちゃんと大人の汗腺の数は同じです。
つまり、体表面積が小さい赤ちゃんは汗腺の密度が高く、大人よりも新陳代謝が活発なこともあり、汗をかきやすいためあせもになりやすいです。

また、赤ちゃんは自分で汗を拭くことも、自分で暑いからといってクーラーをつけることも、「暑い」と訴えることもできません。
そのため、赤ちゃんが暑くて汗をかいているのを、まわりの大人が気がついてあげられないのも、あせもを起こしてしまう原因の1つです。

あせもは、汗が乾きにくい部分や、脇の下のような皮膚と皮膚同士が擦れあう場所になりやすく、
乳児期のあせもは、おむつで覆われているおしり・腰が最も多く、次いで汗の溜まりやすい頭・首、背中(布団で寝ていることが多いため汗が乾きにくい)となっています。

あせもの症状

症状

あせもは、汗管が詰まる場所によって、以下の3つに分けられます。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
皮膚の表面にある角質層の汗管が塞がることにより起こるあせもで、直径1〜3mm程度の透明な小さい水疱がたくさんできるもので、かゆみや痛みはありません。
基本的にそのまま放っておいてもひどくなることはなく、2〜3日程度で自然によくなります。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)
表皮内(角質層よりも深い部分)の汗管がふさがることにより起こるあせもで、一般にいわれるあせもは、この紅色汗疹を指す場合が多いです。
小さな赤いブツブツが集まってでき、かゆみとヒリヒリとした痛みを伴います。

かゆみがあるため、お子さんが掻いたことにより、とびひなどの二次感染を起こすことがありますので、注意が必要です。

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)
真皮内(表皮よりも深い部分)の汗管がふさがることにより起こるあせもです。
症状は、皮膚が扁平に盛り上った発疹がみられ、かゆみはありません。

この深在性汗疹は、熱帯地方の方や高温多湿のもとで仕事をされる方にみられるもので、乳幼児にみられることはほとんどありません。

あせもの治療法

あせも(紅色汗疹)の治療は、ステロイドの塗り薬で治療を行ないます。
あせもをひっかいて、二次感染を起こしている場合は、抗生剤の内服や塗り薬を用いることがあります。

あせもは、起こさないように日頃からのケアが大変重要です。
あせもの治し方(対策)については、ホームケア あせも をご覧下さい。