皮膚疾患

主な皮膚の病気

とびひ
とびひは、正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、あせもや湿疹、虫刺され、切り傷やすり傷などができた皮膚に黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染して起こります。
水いぼ
水いぼは、正式名称を伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、1〜5mm程度の水をふくんだいぼ状のできものができる病気です。
おむつかぶれ
おむつかぶれは、正式名称をおむつ皮膚炎といい、おむつに覆われた皮膚に炎症が起きるものです。
あせも
あせもは、正式名称を汗疹(かんしん)といい、大量の汗をかいたりして皮膚の表面にある汗の出口や、汗の通り道(汗管)が詰まって周囲の組織が炎症を起こしたものです。