水いぼ

水いぼについて

水いぼは、正式名称を伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、1〜5mm程度の水をふくんだいぼ状のできものができる病気です。
春から秋にかけて流行し、伝染性軟属腫ウイルスが原因で起こります。
感染経路は、接触感染で、3歳から15歳くらいにかけて多く見られ、特に5歳から6歳に最も多く見られます。

水いぼの症状

症状

2週間から2ヶ月以上の潜伏期を経て、直径1〜5mm程度の丸くて表面に光沢のある軟らかいイボができます。
大きくなると中央にくぼみがみられます。
いぼは、カラダや手足、脇の下、腕の内側など皮膚が擦れ合う場所にできやすいです。
通常、痛みやかゆみはありませんが、まれにかゆみを伴う場合があります。

水いぼは、つぶすと中から白い塊が出てきます。
この中にはウイルスがたくさん存在しています。
そのため、こすれてイボが潰れるとウイルスが周囲の皮膚に付着して水いぼが増えていきます。

水いぼの治療法

@自然に治るのを待つ
みずいぼの原因ウイルスに対する薬はありません。
みずいぼは治療しなくても半年から1年程度でウイルスに対する免疫ができて自然に治る病気のため、放っておいても特に問題はありません。
自然治癒は、病院にかかることなく、本人にも苦痛をあたえることはありませんが、みずいぼの数が増えたり、また、ほかのヒトに移してしまう可能性があります。
Aピンセットでつまんでつぶす
いぼをピンセットなどでつまんで内容物を取り出して治す方法があります。
ただし、当然ピンセットでつぶすわけですから痛みがあります。
Bその他
その他に硝酸ペーストやスピール膏などの外用薬を用いて除去する方法があります。

予防方法

プールやお風呂でのタオルの共用は避け、皮膚を清潔に保つように心がけましょう。

登校・登園について

水いぼは、学校保健安全法で予防すべき伝染病1〜3種に含まれていません。

但し、学校や保育園・幼稚園によっては、学校保健安全法の第三種のその他の感染症に水いぼを含めている場合がありますので、担任の先生に登校・登園の制限の有無を確認してみてください。
ただ、第三種に指定される場合でも、通常出席の停止措置は必要ないと考えられる病気のため、基本的に登校・登園については問題ありません。

ただ、プールで遊ぶ際は他のお子さんにうつしてしまうおそれがありますのでビート板や浮き輪を共用するのは控えましょう。(基本的にプールに入るのは問題ありません)

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある

潜伏期(せんぷくき)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間