おむつかぶれ

おむつかぶれについて

おむつかぶれは、正式名称をおむつ皮膚炎といい、おむつに覆われた皮膚に炎症が起きるものです。

一般的に肛門の周囲や性器が赤くなることが多いですが、おしり全体や太もも、ウエストのゴムの部分や股のギャザー部分が赤くなることもあります。
おむつかぶれは、1年を通して起こりますが、汗をかく夏に特に起こしやすいので注意が必要です。

おむつかぶれの症状と原因

症状

おむつに覆われている部分が真っ赤にただれたり、ポツポツとした水泡ができたり、ジュクジュクしてただれたりします。
悪化すると皮膚がむけてしまい痛みを伴います。
そのため、オムツをかえる際やおしりを拭くときに痛がったり、嫌がったりするようになります。

原因

おむつかぶれの原因は1つではなく、下記のように様々な要因が単独、もしくは複数かさなることによって起こります。

あかちゃんの肌はデリケート
あかちゃんの肌は大人の肌よりも繊細で、少しの刺激でもかぶれを起こしてしまうことがあります。

おしっこやうんちの影響
おしっこやうんちに含まれるアンモニアや酵素、細菌の刺激によってかぶれが起こることがあります。
また、おしり拭きの摩擦によって、刺激を受けてかぶれるあかちゃんもいます。

また、おしっこやうんちをしたあとのおむつの中は湿度が高いムレた状態です。
このムレによって赤ちゃんの肌はフヤけた状態となり、傷つきやすくかぶれを起こす原因となります。

カビによるもの
カビの一種にカンジダというものがあります。
カンジダは、湿気の多いところで繁殖しやすく、おむつの中のようなムレた場所で繁殖しておむつかぶれを引き起こします。
カンジダによるおむつかぶれの場合、皮膚のしわの中まで赤くなるのが特徴です。

おむつかぶれの治療法

基本的に炎症を抑える軟膏を塗って治療を行ないます。
カンジダによるおむつかぶれの場合は、抗真菌薬を塗って治療をします。

おむつかぶれは、起こさないように日頃からのケアが大変重要です。
おむつかぶれの対処法については、ホームケア おむつかぶれ をご覧下さい。