とびひ

とびひについて

とびひは、正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、あせもや湿疹、虫刺され、切り傷やすり傷などができた皮膚に、黄色ブドウ球菌や溶連菌が感染して起こります。
細菌感染が起こると、感染したところに水ぶくれやかさぶたができ、それが飛び火のようにカラダじゅうに広がります。

感染経路は、自家感染と接触感染です。

とびひの症状・合併症と診断

症状

とびひは、水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹の2種類があります。

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)
黄色ブドウ球菌が皮膚に感染することにより、皮膚に水ぶくれができ、やがて破れてただれてしまいます。
患部はかゆみがあり、そこを掻いた手でカラダの他の部分を触ることによってカラダのいたるところに広がっていきます。
お子さんのとびひの多くはこのタイプで、夏に多くみられますが、暖房の普及により冬でもみられることがあります。
痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)
溶連菌が皮膚に感染することにより、水ぶくれや膿疱ができそれが破れて厚いかさぶたができます。
発熱やリンパ節の腫れ咽頭痛などの症状が現われることがあります。
このタイプのとびひは、大人に多く季節に関係なく起こります。

合併症

合併症とは、ある病気が原因となって起こる別の病気をいいます。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
黄色ブドウ球菌の持つ毒素が血液中に入り込み、高熱がでて皮膚が真っ赤に腫れあがることがあります。
腎炎
溶連菌が体内に侵入して腎臓の働きを悪くして発熱や血尿・蛋白尿などの症状が起こることがあります。

診断

基本的にとびひは、皮膚の状態(水ぶくれやかさぶたなどの状態)から診断されることがほとんどです。
必要に応じて、患部を綿棒でこすって細菌培養を行うことがあります。

とびひの治療法

抗生物質入りの軟膏や抗生物質を内服して治療します。

予防方法

患部を石鹸で洗って清潔に保ちましょう。
また、他のお子さんにうつりますのでタオルや衣類の共用は避け、直接皮膚が接触するような遊びは控えましょう。

とびひになってしまったら・・・

患部を清潔に保つことは早く治すために重要なことです。
そのため、毎日お風呂に入って、石鹸で患部をきれいに洗うようにしましょう。
お風呂は、皮膚の状態にもよりますが、基本的にシャワー浴にして、石鹸で洗う場合も、こすり過ぎないように注意しましょう。

また、爪が長いと、患部を引掻いた際にキズとなって、皮膚の状態を悪化させてしまうことがありますので、爪は短く切っておきましょう。

登校・登園について

とびひは、学校保健安全法で予防すべき伝染病1〜3種に含まれていません。

但し、学校や保育園・幼稚園によっては、学校保健安全法の第三種のその他の感染症にとびひを含めている場合がありますので、担任の先生に登校・登園の制限の有無を確認してみてください。
ただ、基本的に第三種に指定される場合でも、通常出席の停止措置は必要ないと考えられる病気のため、基本的に患部をガーゼなど覆って直接患部が接触しないようであれば問題ありません。

登校・登園の際は、プールや水遊びなど直接肌が触れ合う遊びは他のお子さんにうつしてしまうおそれがありますので控えましょう。

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある

自家感染(じかかんせん)
自分自身のカラダに常在する菌が原因となって起こる感染。

潜伏期(せんぷくき)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間