肥厚性幽門狭窄症

肥厚性幽門狭窄症ってどんな病気?

肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)は、生後2〜3週くらいから生後3ヶ月くらいの赤ちゃんが、胃の出口である幽門が厚くなることによりミルクが十二指腸へと流れにくくなり胃に留まってしまうことによってミルクを吐いてしまう病気です。

この病気は、初めてのお子さんで、また男の子に多くみられます。
また、発生頻度は出生1000人に対して1〜2人の割合でみられます。

肥厚性幽門狭窄症の症状

飲んだミルクを吐いてしまうのが主な症状です。
初期は1日1〜2回程度の溢乳(いつにゅう)に似た嘔吐から始まり、徐々に回数が増加して噴水のように嘔吐するようになります。
肥厚性幽門狭窄症の場合、吐いた後は胃の中のミルクが出てしまい空腹になるために、赤ちゃんはミルクを欲しがります。

授乳のたびに嘔吐を繰り返すため、赤ちゃんの体重増加不良が起きたり、胃液が体外に排泄されるために血液がアルカリ性に傾いてしまいます。
また、コーヒー残渣様の嘔吐や黄疸を認める場合があります。

肥厚性幽門狭窄症の検査

腹部超音波検査
おなかにゼリーをぬって超音波によっておなかの中を見る検査です。
肥厚性幽門狭窄症の場合、幽門部の肥厚がみられ、肥厚や幽門管の延長が認められれば肥厚性幽門狭窄症と診断されます。
胃造影検査
バリウムなどの造影剤を口から飲んで胃のレントゲンを撮影する検査です。
肥厚性幽門狭窄症の場合、胃から十二指腸に造影剤が流れる幽門部に異常が見られます。

肥厚性幽門狭窄症の治療法

嘔吐によって脱水や血液がアルカリ性に傾いてしまっている場合は、点滴による治療が行なわれます。

肥厚している幽門部に対しては、手術によって厚くなっている幽門部を切って広げる方法や、内視鏡を使って幽門部を広げる方法、硫酸アトロピンと呼ばれる薬を注射して幽門筋を弛緩させる方法などがあります。

溢乳(いつにゅう)
溢乳は生理的な現象で、生後3〜4ヶ月までの赤ちゃんが授乳後、少量の乳汁を吐く現象で、げっぷをしたときに吐くことがもっとも多いです。