百日咳

百日咳について

百日咳は、特有の咳発作を起こす病気です。
原因菌は百日咳菌(一部はパラ百日咳菌)で、1年中みられる病気ですが、春から夏にかけて比較的多く見られる傾向があります。

感染経路は飛沫感染、接触感染で、感染して7日経った時点から痙咳期に入って3週間の間は他の人に写してしまう可能性があります。

百日咳の症状

症状

百日咳は、症状の経過によって大きく分けて3期に分類されます。

カタル期
5〜14日の潜伏期間を経て、鼻水や咳、くしゃみ、微熱などの風邪症状があらわれます。
咳はだんだんとひどくなり、1〜2週間で痙咳期に移行します。

痙咳期(けいがいき)
この時期には百日咳に特徴的な咳が見られるようになります。
コンコンと5〜10回以上連続した咳の後に、咳の最後に息を吸うときに笛を吹くような音(ヒューという音)がでます。
このような咳発作を繰り返すことをレプリーゼと呼びます。

発熱はみられず、咳発作の時に一緒に粘度の高い痰がでることが多いです。
このような咳発作は、夜間に出ることが多く、咳き込みによって、チアノーゼや嘔吐、眼瞼浮腫(百日咳顔貌)、結膜充血などが起こることがあります。
但し、6ヶ月未満の乳児の場合は、痰をうまく排泄できずに、無呼吸発作からチアノーゼや痙攣と発展することがあり注意が必要です。

咳発作が起きていないときは特に症状はないですが、何らかの刺激が加わると発作が誘発されることがあります。
この咳発作は、通常2〜3週間程度続きます。

回復期
咳発作は次第に弱くなり、時折発作性の咳は出ることはありますが2〜3週間かけて徐々に回復していきます。
だいたい、症状が改善するのに2〜3ヶ月を要します。

合併症

合併症とは、ある病気が原因となって起こる別の病気をいいます。
百日咳の合併症として、肺炎や脳症を引き起こすことがあり、特に乳児は注意が必要です。

百日咳の治療法

百日咳の治療は一般的に抗生剤と痰の排泄をしやすくする去痰剤や咳を鎮める鎮咳剤や気管支拡張剤が用いられます。

予防方法

百日咳は予防接種によって予防することができます。
百日咳は三種混合ワクチンとして、定期予防接種の対象となっています。

詳しくは、三種混合ワクチンのページをご参照ください。

その他に、感染者に近づかない、外から帰ってきた後は手洗いうがいをすることも効果があります。
また、煙やほこりなども咳の発作のきっかけになりますので湿度を保ち、換気をするなどして、咳発作がでるのを防ぎましょう。

登校・登園について

百日咳は、学校保健安全法で予防すべき伝染病2種に属しています。
そのため、登校基準が設けられており、特有な咳が消失するまでまたは、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療がしゅうりょうするまで出席停止となっています。

飛沫感染(ひまつかんせん)
せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある