麻疹

麻疹(はしか)について

麻疹は、別名をはしかとも呼ばれ、発熱・発疹を特徴とする病気です。
麻疹の原因となるウイルスは、麻疹ウイルスで、春から夏にかけて流行する傾向があります。

麻疹は、1歳が最も多くみられ、患者の約半数が2歳以下となっています。

このウイルスは、感染力が強く、免疫をもたない方が曝露をうけると90%以上が感染します。
また、不顕性感染はほとんどなく、感染するとほとんどの方が発症します。
一度感染すると終生免疫を獲得します。
麻疹の感染経路は、空気感染・飛沫感染・接触感染です。

麻疹(はしか)の症状

症状

麻疹の症状は大きく3期に分かれます。

前駆期(カタル期)
10〜12日程度の潜伏期間を経て、咳くしゃみ・鼻水などの症状が現われ、38度前後の発熱が2〜4日間続きます。
乳幼児の場合、腹痛や下痢を伴うことが多いです。
発疹が出現する1〜2日前に頬の内側(口腔内)に細かな白い発疹がみられます。
これをコプリック斑と呼びます。
このコプリック斑は、麻疹に特徴的な症状であり、このコプリック斑を確認して麻疹と診断されることもあります。
コプリック斑は、発疹が出現してから2日程度で消失します。
発疹期
2〜4日続いていた熱が1度程度解熱したあとに再び高熱(39度以上)の熱(2峰性発熱)がでるとともに、発疹が出現します。
発疹ははじめ、小さな紅斑で耳の後や首にではじめ、次第に顔や体、手足に広がっていきます。
発疹が全身に広がるまでは高熱が3〜4日程度続きます。
発疹は初めは平らですが、次第に盛り上り発疹どうしが融合して大小さまざまな発疹が全身を覆い皮膚がまだら状になります。
発疹の色は段々と色が濃くなっていきます。
この時期は、咳くしゃみ・鼻水などの症状が強くなります。
回復期
発疹期での発熱は発疹が全身に広がった頃(発疹が出現して3〜4日程度)で解熱し始め、発疹も出現した順番から消えていきます。
発疹は黒ずんだ色が皮膚に残りますが、次第に消えていきます。
合併症をおこさなければ通常、発症して7〜10日程度でよくなります。

合併症

合併症とは、ある病気が原因となって起こる別の病気をいいます。
麻疹の合併症として、中耳炎や肺炎、稀に脳炎などを起こすことがあります。

麻疹(はしか)の治療法

原因ウイルスに対する薬はないため、症状をやわらげる対症療法が中心となります。

予防方法

麻疹は予防接種(定期接種)によって予防することができます。
詳しくは、麻しん風しん混合ワクチンのページをご参照ください。

登校・登園について

麻疹は、学校保健安全法で予防すべき伝染病2種に属しています。
そのため、登校基準が設けられており、発疹に伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで出席停止となっています。

飛沫感染(ひまつかんせん)
せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある

終生免疫(しゅうせいめんえき)
一生涯免疫が持続し、二度と同じ病気にはかからないもの。

潜伏期間(せんぷくきかん)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間