りんご病

りんご病について

りんご病は、正式名称を伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)といい、頬に出現する蝶翼状紅班を特徴とするウイルス性疾患で、両頬がリンゴのように赤くなることから、りんご病と呼ばれています。
感染しても症状が現れない不顕性感染も多く見られ、一度感染すれば終生免疫を獲得します。

りんご病は、ヒトパルボウイルスB19が原因で起こります。
流行時期は、1月〜7月頃で、流行が小さい年ははっきりとした季節性がみられないこともあります。
かかりやすい年齢は5〜9歳で、それについで0〜4歳がかかりやすいです。
感染経路は、飛沫感染、接触感染です。

りんご病の症状・診断

症状

りんご病は10〜20日程度の潜伏期間を経て、風邪のような症状(発熱・咳・鼻水・下痢・関節痛など)がみられ、この症状が現れてから1週間くらいすると頬に境界が明瞭な蝶翼状の赤い発疹(リンゴのように赤くなる)が現れ、続いて手や足に発疹(網目状・レース状)が見られます。
胸部や腹部、背中にも発疹が見られることもあります。

発疹は通常1週間前後で消失しますが、1週間以上続いたり、一度発疹が消えて短期間のうちに再び現れることもあります。
発疹は熱間やかゆみを伴うこともあります。

発疹が現れたときはウイルスの排泄はほとんどなく、感染力はほぼ消失しています。

診断

りんご病の診断は、主症状であるほっぺの紅斑と、手足の紅斑の症状から診断されることほとんどです。
必要に応じて血液を採取して抗体検査を行う場合もあります。

りんご病の治療法

りんご病の原因ウイルスに対する薬はないため、症状をやわらげる対症療法が中心となります。

予防方法

基本的にりんご病と診断される前の段階(風邪のような症状)の時が一番感染力が強いため、日頃より手洗い・うがいをすることが予防となります。

りんご病にかかってしまったら・・・

顔やカラダにできた紅斑は、日光にあたると消えかかっていた紅斑が再びでてきてしまうことがありますので、紅斑が出ている時期や治りかけの時期は室内で過ごすようにしましょう。

登校・登園について

りんご病は、学校保健安全法で予防すべき伝染病1〜3種に含まれていません。
そのため、ご本人の体調をみて判断すればよいでしょう。

但し、学校や保育園・幼稚園によっては、学校保健安全法の第三種のその他の感染症にりんご病を含めている場合がありますので、担任の先生に登校・登園の制限の有無を確認してみてください。

りんご病にかかったことがない妊婦の方は要注意

風疹感染ほどの危険性はありませんが、妊婦の方がりんご病の原因ウイルス(ヒトパルボウイルスB19)に感染すると胎児異常(胎児水腫)や流産を引き起こすことがありますので、保育園や幼稚園に通っているお子さんがりんご病になったあるいは、保育園や幼稚園などでリンゴ病が流行っている場合は注意が必要です。

飛沫感染(ひまつかんせん)
せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある

終生免疫(しゅうせいめんえき)
一生涯免疫が持続し、二度と同じ病気にはかからないもの。

潜伏期間(せんぷくきかん)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間