手足口病

手足口病について

手足口病は夏かぜの一種で、手のひらや足の裏、口の中に水疱性の発疹ができる病気です。
かかりやすい年齢は1〜5歳の乳幼児で、2歳以下が半数を占めます。

感染の流行時期は主に6〜9月の夏季で、秋から冬にかけても多少の発生があります。
手足口病は、コクサッキーA16、コクサッキーA10、エンテロウイルス71などのウイルスが原因でおこります。
原因ウイルスが数種類あるので、一度手足口病になっても再度かかってしまう可能性があります。

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染です。
急性期が最も感染力が強く、回復期も便中にウイルスが排出されているため感染源となりますが、症状がなくなってからも、便中に2〜4週間程度ウイルスが排泄されており、感染源となるので注意が必要です。

手足口病の症状・合併症と診断

症状

手足口病は3〜4日の潜伏期を経て手のひら、足の裏、指、ひじ、ひざ、おしり、口の中などに2〜3o程度の水疱性の発疹ができます。
基本的に水疱がかさぶたのようになることはありません。
また、水疱はかゆみを伴いませんが、稀にかゆみを伴う場合があります。

口腔内の症状としては、口のなかに小さな紅斑があらわれ、それが水疱性の発疹となり、破れて潰瘍となるものがあります。
これらは、歯茎や舌、唇の裏や頬の内側に出現します。
口のなかの発疹は、一般的に言われる口内炎のように潰瘍になるので、食べ物や飲み物があたると痛みを伴います。

発熱は3割〜5割程度の方にみられ、38℃以下のことがほとんどであり、通常高熱が続くことはありません。
手足口病は、発病して1週間程度で自然に治ります。

合併症

まれに髄膜炎や脳炎、心筋炎、急性弛緩性麻痺などを引き起こすことがあります。
特にエンテロウイルス71の感染の場合、中枢神経系の合併症を引き起こす頻度が比較的高いといわれています。

診断

基本的に手足口病の主症状である手のひらや足の裏、口の中にできた水疱性の発疹の症状から診断されることがほとんどです。
必要に応じて血液を採取して抗体検査を行う場合もあります。

手足口病の治療法

手足口病の原因ウイルスに対する薬はないため、症状をやわらげる対症療法が中心となります。

発疹がかゆみを伴う場合は、かゆみ止めの軟膏を塗ったり、高熱(38.5℃以上)でぐったりしている場合は解熱剤を用いたりします。
また、口腔内の痛みによって水分がとれなくなり脱水を起こした場合は、点滴をする場合があります。

予防方法

手足口病を予防するワクチンはありません。
基本的に、流水と石鹸でしっかりと手洗いをし、タオルやハンカチは共用しないようにしましょう。

手足口病にかかってしまったら・・・

口の中の発疹は、潰瘍になって食べ物や飲み物を飲む際にしみて痛みを伴います。
その影響で食欲が落ちることがあります。

そのような場合は、無理に食べさせようとはせず、水分補給をこまめに行い、脱水にならないように注意しましょう。
食べ物を与える場合も、喉越しのよいもの(ゼリーやプリンなど)を与えるようにして、酸味の強いものや味が濃いものを与えるのは控えましょう。

また、手足口病の原因ウイルスは、症状が治まったあとも2週間〜1カ月程度は便の中にいるので、お子さんのおむつ替えのあとはしっかりとせっけんで手を洗うようにしましょう。

頻度は少ないですが、合併症として脳炎や髄膜炎などを起こすことがあります。
元気がない、高熱や頭痛が続く、嘔吐を繰り返すなどの症状がみられる場合は、早めにかかりつけ医に受診しましょう。

登校・登園について

手足口病は、学校保健安全法で予防すべき伝染病1〜3種に含まれていません。
そのため、ご本人の体調をみて判断すればよいでしょう。

但し、学校や保育園・幼稚園によっては、学校保健安全法の第三種のその他の感染症に手足口病を含めている場合がありますので、担任の先生に登校・登園の制限の有無を確認してください。

飛沫感染(ひまつかんせん)
せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。

接触感染(せっしょくかんせん)
感染源に接触することによって感染すること。皮膚や粘膜などが直接触れあって感染する場合と、病原体が付着したタオルや容器などを介して間接的に感染する場合がある

糞口感染(ふんこうかんせん)
便や、便で汚染された物を触った手で口を触ることで感染すること

潜伏期(せんぷくき)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間