突発性発疹

突発性発疹について

突発性発疹は、突然の高熱と解熱前後にできる発疹を主な症状とする病気で、生まれて初めての熱が突発性発疹であることが多いようです。
突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルス6、ヒトヘルペスウイルス7が原因でおこります。

原因ウイルスが数種類あるので、一度突発性発疹になってもまた起こる可能性があります。
一般的に初期感染はヒトヘルペスウイルス6であることが多く、そのあとにヒトヘルペスウイルス7が感染することが多いようです。

0歳から1歳までに99%の乳児が感染し、2歳までにほぼすべての子どもが感染するといわれています。
感染しても症状が現れない不顕性感染が20〜40%みられます。
季節的な流行はなく、通年みられる病気で、感染経路は飛沫感染です。

突発性発疹の症状・合併症と診断

症状

突発性発疹は10日前後の潜伏期を経て、高熱(38℃以上)が3日間程度続き、解熱とともに赤色の発疹が体幹(胴体のこと)を中心に顔面や四肢に現れます。
カラダに現れた発疹は、3〜5日程度で消失します。

通常、鼻水や咳の症状は軽度もしくは伴わず、下痢やリンパ節の腫脹、大泉門の膨隆などがみられることはありますが、一般的に発熱と発疹のみで経過することがほとんどです。

合併症

高熱による熱性けいれんや、まれに脳炎、脳症、肝炎、血小板減少性紫斑病などを起こすことがあります。

突発性発疹の治療法

突発性発疹の原因ウイルスに対する薬はないため、症状をやわらげる対症療法が中心となります。
高熱(38.5℃以上)でぐったりしている場合は解熱剤を用いたりします。

診断

突発性発疹の診断は、年齢・発熱・解熱時の体の発疹状況から診断さることがほとんどです。

予防方法

突発性発疹に対するワクチンはありません。
基本的に、流水と石鹸でしっかりと手洗いをし、タオルやハンカチは共用しないようにしましょう。

突発性発疹にかかってしまったら・・・

突発性発疹は、38℃以上の高熱がでます。
熱のでかたも、診察する上でとても大切な情報となります。
そのため、1日3回程度(朝・昼・晩)、時間を決めて体温を測り、メモをしておくようにしましょう。

また、高熱により、食欲が落ちることがあります。
そのような場合は、無理に食べさせようとはせず、水分補給をこまめに行い、脱水にならないように注意しましょう。

赤ちゃんの場合、いつもより母乳やミルクの飲みが悪いときは、一度に与えようとせず、回数を分けてあたえるようにしましょう。
また、離乳食期の乳児やそれ以降の幼児に関しても、食欲が落ちている場合は、無理に食べさせようとはせず、水分補給をこまめに行い、脱水にならないように注意しましょう。

突発性発疹が生まれて初めての熱であることが多く、また高熱がでることから、ひきつけ(熱性けいれん)を起こすことがあります。
大切なことは、ひきつけを起こしてしまった場合に何をすればいいかを把握しておくことです。

ひきつけを起こしてしまったら、時計をみて何分からひきつけたかを確認し、吐いた場合に気道にものがつまらないように横向きにして寝かせましょう。
そして、ひきつけが治まったら再度、時計をみて何分間ひきつけをおこしていたかを確認し体温とひきつけの持続していた時間をメモして、かかりつけ医に受診しましょう。

ひきつけを起こした際の観察のポイント → ひきつけを起こした時のホームケア
熱があるときのホームケア → 熱があるときの対処方法

登校・登園について

学校保健安全法における登校・登園の規定はありません。

飛沫感染(ひまつかんせん)
せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること。

潜伏期(せんぷくき)
ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入してから症状(発病)がでるまでの期間