ひきつけ(けいれん)を起こしたとき

観察ポイント

  1. 熱があるか
  2. どれくらい続いたか(続いているか)
  3. けいれんに左右差があるか
  4. 口の中に食べ物や嘔吐したものが入っていないか

今までに熱性けいれんの経験があり、今回も発熱があって5分以内にけいれんがおさまり、意識もはっきりとしているようであれば自宅で様子をみて、平日の昼間に受診するようにしましょう。

受診の目安

以下の項目が1つでも当てはまる場合は、お住まいの地域の夜間救急もしくは在宅当番医に受診しましょう。

  1. はじめてひきつけ(けいれん)を起こした
  2. 5分以上けいれんが続く
  3. 6ヶ月未満の赤ちゃんが起こした
  4. 半日に2回以上けいれんを起こした
  5. けいれんに左右差がある
  6. 何度も吐いたり、吐きそうになる
  7. 最近、頭を強くぶつけたことがある
  8. けいれんが治まっても呼びかけに反応しない
  9. 熱がないまたは、38℃以下の熱にもかかわらずひきつけを起こした