おなかが痛いとき

観察ポイント

  1. 熱はあるか
  2. 便の状態はどうか(便秘や下痢の有無、便に血が混ざっていないか)
  3. 吐き気はないか
  4. おなかが張っていないか

排便で症状が改善した、痛みがだんだんと軽くなってきている場合など比較的症状が時間とともに改善傾向であったり、症状が軽い場合は自宅で様子をみて、平日の昼間に受診するようにしましょう。

受診の目安

以下の項目が1つでも当てはまる場合は、お住まいの地域の夜間救急もしくは在宅当番医に受診しましょう。

  1. 便に血が混ざっている
  2. おなかを触ると痛がる
  3. おなかが張っている
  4. 最近おなかを強くぶつけた
  5. おなかが痛いために泣き止まない
  6. 痛みがだんだんとひどくなっている