川崎病

川崎病ってどんな病気?

川崎病とは、全身の中小の動脈が炎症を起こす病気で、川崎 富作 博士が発見したことから川崎病という病名になりました。
血管が炎症を起こす原因は、はっきりとは分かっていませんが、ウイルスや細菌に感染した際におこる体の防御機能(免疫反応)が炎症に関与しているのではないかと考えられています。

川崎病で一番問題となるのが冠動脈瘤です。
冠動脈とは心臓を動かしている心筋に栄養を送っている血管で、この冠動脈に炎症が起きて冠動脈瘤ができると心筋梗塞を引き起こすことがあります。

川崎病は、4歳以下の乳幼児がかかりやすく、また男の子にやや多い傾向があります。

川崎病の症状

川崎病では様々な症状があらわれ、基本的に下記の症状が1〜6のうち、5つ以上あらわれた場合、川崎病と診断されます。
※5つ以上当てはまらない場合でも、症状や検査所見などを総合的に判断して川崎病と診断されることもあります。

  1. 38℃以上の高熱が5日以上続く
  2. 両目が充血する
  3. 唇が赤くひび割れ、舌がイチゴのように赤くブツブツとなる
  4. 水疱を持たない赤い発疹が全身に出る。
    また、BCG接種部位が赤く腫れることがあり川崎病の診断の手がかりとなります。
  5. 手や足がむくんで腫れる。
    カラダの病状が回復するにつれて手や足の指の先端(爪と皮膚の境目)の部分の皮が剥ける。
  6. 首のリンパ節が腫れる

川崎病の検査

心臓超音波検査
主に心臓に栄養を送っている冠動脈にこぶ(瘤)ができていないかを調べます。
血液検査
川崎病は炎症性疾患なので、炎症があると上昇する白血球数やCRP、また川崎病の場合、血小板数が高値を示すので、血小板数も合わせて検査します。
心電図検査
心筋に障害が起きていないかや不整脈がでていないかを調べます。

川崎病の治療法

川崎病は、なるべく早く治療を開始して冠動脈瘤をつくらないことが大変重要となります。
治療は、入院してガンマグロブリンと呼ばれる血液製剤の点滴と、血栓ができるのを防ぐアスピリンの内服が行なわれます。
ガンマグロブリンは血液製剤なので、保護者の同意を得てから使用します。

川崎病の再発率は2〜3%で、致死率は0.1%程度です。
冠動脈瘤ができなければ、退院後は普段の生活を送っても問題ありませんが、アスピリンの服用は1ヶ月程度続ける必要があります。
また、1年に1回程度は心臓超音波などの定期的な検査で心臓の状態をみる必要があります。

冠動脈瘤ができた場合、血栓ができないように継続的にアスピリンを服用し、定期的に心臓超音波などの検査をする必要があります。
小さな冠動脈瘤であれば1年以内にほとんどが消失しますが、ある程度大きな冠動脈瘤は消失せず、血管が詰まって心筋梗塞を起こしてしまう危険性があり、瘤の程度により運動制限が設けられることがあります。
冠動脈が詰まってしまう可能性がある場合は、血管バイパス手術や、カテーテルを血管にいれて風船で膨らませて、血管を押し広げる治療などが行なわれます。