動脈管開存症

動脈管開存症ってどんな病気?

動脈管とは、大動脈と肺動脈とをつないでいる血管で、おなかのなかにいる赤ちゃんは肺で呼吸をしていないためこの動脈管が重要な役割を果たしていますが、産まれて自分で呼吸をはじめると、この動脈管は必要なくなるので通常、生後2〜3週間程度で自然に閉じてしまいます。

動脈管開存症とは、生まれた後も動脈管が閉じない病気で、先天性心疾患の5〜10%を占めています。

動脈管開存症は、本来全身に流れるはずの血液の一部が大動脈から肺動脈に流れてしまうために、心臓や肺へ負担がかかってしまい、この負担は、動脈管が太く開いているほど大きくなります。

動脈管開存症の症状

動脈管の開きが小さい場合は、自覚症状がありません。

動脈管の開きが大きく、大動脈から肺動脈に流れる血液が多いと、呼吸が荒くて早い・ミルクの飲みが悪い・ミルクの飲みはいいが体重が増えない・汗をたくさんかくなどの症状がみられます。

動脈管開存症の検査

胸部レントゲン
胸部のレントゲンを撮影して、心臓の大きさやその他の異常がないかを調べます。
心電図
胸部に電極と呼ばれる吸盤上の器具をつけて心臓から出ている微弱な電気刺激を波形にして調べる検査です。
これにより、不整脈の有無や、波形異常がないかを調べます。
心臓超音波
胸にゼリーを塗り、心臓の動きを見る検査です。
これにより、動脈管があいているかどうかを調べます。

動脈管開存症の治療法

一般的に動脈管が細い場合にはカテーテルによる治療、太い場合には手術による治療が行なわれます。
ただし、動脈管が細い場合でも動脈管の形状によってカテーテル治療が困難な場合は手術による治療が行なわれます。

通常、手術の場合は人工心肺は用いず、また内視鏡による手術も普及しています。
手術後の予後も一般的に良好で、他のお子さんと同じように生活することが可能です。