心室中隔欠損症

心室中隔欠損症ってどんな病気?

心室中隔欠損症は、心臓の右心室と左心室を隔てている壁(心室中隔)に穴があいている病気です。
先天性心疾患では最も多い病気で、先天性心疾患の約6割を占めています。

心室中隔欠損症のうち約半数は生後1年以内に自然に穴が閉じるようです。

健康な心臓の場合、肺から酸素を多く含んだ血液が左心房に流れ、そこから左心室へと流れ込み、全身へと送られ全身へと酸素を供給します。
全身の各組織に酸素を供給した血液は、右心房へと流れ、そこから右心室へと流れ込み、肺へと送られます。

心室中隔に穴があいていることによって、肺から酸素を多く含んだ血液が左心室に送り込まれても、いくらかの血液は穴を通って右心室へと流れ込み、全身に送られずに再度肺へと流れてしまいます。
そのため、健康な心臓よりも余分に働かないと、同じ分だけの血液を全身に送ることができません。
また、穴が大きいと肺や心臓に負担をかけ、肺高血圧や心不全を起こしてしまうので注意が必要です。

心室中隔欠損症の症状

あいている穴が小さい場合はほとんど症状がなく、健診などで心音の異常として初めて気づくことも多いです。

穴がある程度大きい場合は、呼吸が速い・おっぱいの飲みが少ない・体重が増えない・泣き声が小さい・汗をたくさんかくなどの症状が現われます。

心室中隔欠損症の検査

胸部レントゲン
胸部のレントゲンを撮影して、心臓の大きさやその他の異常がないかを調べます。
心電図
不整脈の有無や、波形異常がないかを調べます。
心臓超音波
心室の壁に穴があいていないかや、あいている場合、どの程度の大きさであるかまたは、どの部位にあいているかを調べます。

心室中隔欠損症の治療法

小さい穴の場合は、自然に閉じてしまうことがありますが、大きい穴は手術によって塞ぐ必要があります。

症状が重い場合は、1歳未満から比較的症状が軽いお子さんの場合は、2〜4歳くらいで手術を行なうことが多いようです。

手術は、人工心肺を使って行なわれ、心室中隔にあいている穴に人工の布(パッチ)をあてて穴を塞ぎます。
穴を塞いだあとは、成長と共に周りの筋肉も成長するので取り替える必要はありません。

手術後の予後も一般的に良好で、他のお子さんと同じように生活することが可能です。
ただし、定期的な経過観察は必要ですので、外来通院は忘れずにいくようにしましょう。