あせもの対処法

あせもはどうして起こるの?

あせもは、正式名称を汗疹といい、大量の汗をかいたりして皮膚の表面にある汗の出口や、汗の通り道(汗管)が詰まって周囲の組織が炎症を起こしたものです。

あせもは、汗を多くかく夏場に多く、また子どもがなりやすい皮膚疾患の一つで、汗が乾きにくい部分や、脇の下のような皮膚と皮膚同士が擦れあう場所になりやすく、
乳児期のあせもは、おむつで覆われているおしり・腰が最も多く、次いで汗の溜まりやすい頭・首、背中(布団で寝ていることが多いため汗が乾きにくい)となっています。

あせものホームケア

1) 衣類は通気性の良いものを
お子さんの衣類は、通気性の良い素材のものを選ぶなどして、通気性を良くし、汗が皮膚に長時間残らないように心がけましょう。

また、おむつをしている赤ちゃんの場合は、ウエストや股のギャザー部分にあせもができやすいので、汗をかいたときはおしっこやうんちをしていなくてもこまめにとりかえてあげるといいでしょう。

2) 涼しい環境をつくりましょう
汗をかくことは、カラダにはとても大切なことです。
しかし、かきっぱなしの状態は避けたいですね。
エアコンをタイマーにしたり、直接お子さんに風が当らないなど工夫して、室内温度を調節し、あせもを作らない環境をつくりましょう。

3) 汗をかいたら、拭きましょう
汗をいつまでも皮膚に残った状態にしておくと、汗管をふさいでしまう原因となるため好ましいことではありません。
汗をかいたら、きれいなガーゼやハンカチで拭くようにしましょう。

また、たくさん汗をかいたあとは、シャワーを浴びるなどして、皮膚を清潔に保つようにしましょう。

4) 爪は短くしておきましょう
あせもは痒く、お子さんも知らず知らずのうちにかきむしってしまうことがよくあります。
あせもをひっかいて、キズができそこからばい菌が侵入して二次感染を引き起こしてしまうことがあります。
それを防ぐためにも、爪は短く切って引っかき傷をつくらないようにしましょう。

5) ベビーパウダーの使用について
ベビーパウダーは、汗を吸着して皮膚を乾燥させる働きがありますので、あせもの予防に適しています。
使用する際は、薄くつけるようにしましょう。

また、あせもができてしまっている場合は、ベビーパウダーが汗の出口をふさいで症状を悪化させる恐れがありますので、あせもができている部分への使用は控えましょう。