熱があるときのホームケア

子供の熱について

熱は、ウイルスや細菌などからカラダを守るための防御反応です。
子供の平熱は、大人よりも高めで、36.5℃〜37.0℃程度で、お子さんごとに基礎体温は違いますので一概にはいえませんが、はっきりと熱があると考えられるのは基本的に37.5℃以上。
微熱や高熱の目安は、基本的に子供の場合、37.5℃〜38.0℃は微熱、39℃以上は高熱となります。

よく、高熱が続くと頭がおかしくなると心配されますが、熱によって頭(脳)がおかしくなることはありません。

熱があるときの対処方法

1) 熱をこまめに測ってメモしておきましょう。
1日ごとの体温の変化は、診察をするうえで大変重要な情報となります。
そのため、1日3回程度(朝・昼・晩)時間を決めて測り、メモしておくようにしましょう。
メモをする際、下痢の有無や回数、嘔吐があったなど、お子さんの体調も一緒にメモしておくことも忘れずに。

体温計ではかる際は、脇の下に汗をかいている場合は、しっかりと拭いてから測るようにしましょう。

2) こまめに水分補給をする
熱が高いと、汗として水分が体外に失われます。
熱があっても、食欲があればよいですが、食欲がなくなると脱水症状を起こす可能性があります。
そのため、少量ずつで構いませんのでこまめに水分を与えて、脱水症にならないように注意しましょう。
水分の種類は、白湯・果汁・イオン飲料・お茶など子供が欲しがるもので構いません。

3) おうちでゆっくり過ごしましょう
熱があるときは、外出を避け、室内でゆっくり過ごすようにしましょう。
ただ、子供の場合、熱があっても元気なときはおとなしくできないものです。
そのような場合は、無理に布団にいれたり、怒ったりせず、室内で疲れない程度に遊ばせてあげましょう。

4) カラダを冷やしましょう
子供の熱が上がりきったら、わきの下や足の付け根を冷却シート・小さな保冷剤や濡れタオルなどで冷やすと解熱効果があります。
お子さんが嫌がらなければ、使用してみましょう。
保冷剤を使用する場合は、直接肌にあてずに、ハンドタオルなどで包んで使用しましょう。

赤ちゃんや幼児など小さなお子さんに冷却シートを使用する場合、ずれて鼻や口を覆って窒息してしまう危険があります。
そのため、冷却シートを使用する場合は、必ず子供を見守れる場所で使用してください。

5) 寒気、ガタガタ震えているときは温めて
寒気があったり、ガタガタ震えているときは、これから熱が上がるサイン。
布団を多めにしたり、厚着させたりしてカラダを温かくしてあげましょう。
熱が上がりきって顔色が赤くなったり、手足が温かくなり汗をかいているようなら、今度は布団を薄くしたり、薄着にしたりして熱を逃がすようにしましょう。

6) お風呂について
38℃以内の場合は、乳児であればシャワーや掛け湯で、幼児・小児であれば長湯しなければお風呂に入って汗を流してあげましょう。
ただし、疲れないように注意してください。
38℃以上の場合は、カラダを拭く程度にしましょう。

熱さましの使用について

熱さまし(解熱剤)は、熱によるつらさを軽くするためのもので、病気を治すくすりではなく、解熱剤を使用しても、1℃前後の解熱ができる程度です。
また、熱はカラダを守るための防御反応ですから、むやみに熱さましを使用して熱を下げるのは好ましいことではありません。

ただし、38.5℃以上の発熱があり、熱によって食欲が落ちてしまったり、夜も眠れないなど子供がつらそうであれば、熱さましで一時的に熱を下げてあげたほうが良い場合もあります。
使用方法については、かかりつけの先生の指示に従って使うようにしましょう。