おむつかぶれの対処法

おむつかぶれはどうして起こるの?

おむつかぶれは、正式名称をおむつ皮膚炎といい、おむつに覆われた皮膚に炎症が起きるものです。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、おしっこやうんちの刺激やおむつ内のムレが原因で容易におむつかぶれを引き起こしてしまいます。
おむつかぶれを起こさない又は起こしてしまった場合も、重要なのはおしりをきれいに保つことです。

おむつかぶれのホームケア

1) おむつ替えはこまめに
おしっこやうんちが赤ちゃんの肌を刺激してかぶれを引き起こしますので、おむつが汚れたらこまめに取り替えるようにしましょう。

2) きれいに拭きましょう
せっかくおむつをこまめに交換しても、おしっこやうんちが赤ちゃんの肌についていたら台無しです。
おむつ交換の際は、おしりや性器をおしり拭きなどできれいに拭きましょう。
ただし、赤ちゃんの肌は繊細なので強くこするのは厳禁です。

また、オムツかぶれを起こしている場合は、市販のおしり拭きだと刺激が強い場合がありますので、ガーゼなど柔らかい布をぬるま湯で湿らせてやさしく拭いてあげましょう。

3) うんちの回数が多い時はシャワーで洗ってあげましょう
下痢のときなどうんちが頻繁なときは、その都度おしり拭きで拭いているとそれが刺激となったり、うんちが肌のしわの間に付着してかぶれの原因となります。
そのため、面倒でもぬるめのお湯でおしりをきれいに流してあげましょう。

4) しっかり乾かしましょう
ムレはオムツかぶれには大敵。
おむつを交換する際は、おしりや性器を拭いたあとは、すぐに新しいおむつをはかせるのではなく、しっかりと乾かしたあとで履かせるようにしましょう。