咳の対処方法

咳はどうして起こるの

咳は、のどの粘膜や気管が刺激されたり、のどから肺までの間に風邪などによって炎症が起きたり、気管に痰がたまったときにそれを体外に出そうとして起こります。
子供の場合、痰を大人のようにうまく出すことができないために、咳が長く続いてしまうことがあります。

咳の対処方法

1) 部屋の湿度に気をつける
部屋が乾燥すると、空気の通り道である気道の粘膜が乾燥してしまい、刺激に対して過敏となり咳が出やすくなります。
また、加湿することにより痰がでやすくなりますので、乾燥する季節は加湿して適度な湿度に保ちましょう。

2) 水分はこまめに
水分を飲ませることにより、痰の切れがよくなります。
一度に飲ませるのではなく、少量ずつこまめに与えるようにしましょう。

3) 1日数回は換気を
換気をしないで部屋を締め切っていると、咳の原因となる細菌やウイルスが部屋に充満して、周りにいる方へ風邪などの病気をうつしてしまう原因となります。
また、咳を誘発させるほこりやダニなども空気中に浮遊していますので、1日に数回は換気をして部屋の空気を入れ替えるようにしましょう。

4) 外出は控えましょう
外のホコリや寒い時期の冷たい空気は、のどを刺激して咳を誘発させてしまいます。
また、風邪などの感染症からくる咳の場合は、他の方へうつしてしまう危険があります。

咳が頻繁にでているようなら、なるべく外出は避け、外出する際は必ずマスクをするように心がけましょう。

5) 咳が原因で吐いてしまうことも
咳が立て続けに起こると、咳と共に吐いてしまうことがあります。
そんなときは、吐いたものが気道に入らないように体を起こしてあげるか、横向きに寝かせてあげましょう。

6) 咳がでて眠れないときはカラダを起こして
咳が立て続けにでたり、激しくせき込んで眠れない時は、たて抱きにしたり、カラダを起こしてあげて背中をさすってあげたり、軽くトントンと叩いてあげると痰が切れやすく呼吸が楽になります。

咳止め薬の使用について

咳は、気道の異物を体外に排泄するはたらきがあります。
これを薬で抑えてしまうと、かえって症状を悪化させてしまうおそれがあります。
そのため、咳止めのお薬を自己判断子供に与えるのは控え、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。