尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)

尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)について

尿路感染とは、尿が作られてから排泄されるまでの経路である尿路(腎盂・尿管・膀胱・尿道)に細菌などが侵入して炎症を起こす病気です。
よく耳にする膀胱炎は、尿路感染症の1つで、膀胱に細菌などが侵入して炎症が起きている状態です。
膀胱にいる病原体が腎盂にまで及ぶと膀胱炎よりも重い腎盂腎炎を引き起こしてしまいます。

原因のほとんどは、細菌感染によるもので、特に大腸菌による感染がもっとも多く、赤ちゃんのうちは、男の子も女の子も尿路感染症には同じくらいの比率で起こります。
成長するにつれて、女の子のほうが尿路感染症を起こしやすくなります。
それは女の子の場合、男の子よりも尿道が短く、また肛門と尿道口が近いために尿道に細菌が侵入しやすいからです。

尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)の症状

赤ちゃんの場合、発熱や機嫌が悪いなど他の病気でもみられる症状だけの場合がほとんどです。
幼児くらいになると、おしっこをするときに痛がったり、背中やおなかのあたりを痛がったりすることがあります。
小学校に上がるくらいの年齢になると、大人と同じような症状(トイレが近い・排尿時に痛みがある・残尿感があるなど)の症状がみられます。

膀胱炎の場合は、熱がない場合や、あってもそれほど高くならない場合がほとんどですが、腎盂腎炎になると高熱がでるようになるので、要注意です。

尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)の検査

尿沈渣検査
尿を遠心分離器にかけて、底に溜まった沈殿物を顕微鏡で調べる検査です。
膀胱炎などの尿路感染がある場合、炎症の原因となる細菌をやっつけるために白血球と呼ばれる細胞が尿中にたくさん現われるため、検査で白血球の有無や数を調べます。
尿培養検査
尿中に細菌がいるかどうかを培地(ばいち)と呼ばれる細菌を繁殖させるものに尿を塗って調べる検査です。
この検査によって、膀胱炎などの尿路感染を起こしている原因菌を特定することができます。

尿路感染症(膀胱炎・腎盂腎炎)の治療法

膀胱炎のように炎症が尿路の下部の場合、抗生剤の内服が主な治療法となります。
腎盂腎炎のように炎症が上部にまで及ぶと、入院しての治療となります。