ロタワクチン

ロタウイルス胃腸炎ってどんな病気?

ロタウイルス胃腸炎は、乳幼児の冬の下痢の主な原因となる病気です。

ロタウイルス胃腸炎は、生後6ヶ月から2歳の乳幼児に多く見られ、5歳までにほとんどの小児が感染します。

ロタウイルスは感染力が非常に強く、少量のウイルスでも感染が起こります。
また、ロタウイルスは、1度かかっても繰り返しかかってしまうことがあり、通常初めて感染したときが一番重症化しやすいです。

主な症状は、1〜3日の潜伏期のあとに、激しい下痢や嘔吐、発熱が起こります。
嘔吐と発熱は、2日程度でよくなりますが、下痢はしばらく続きます。
激しい嘔吐と下痢のために脱水症になることがあり注意が必要です。

ロタウイルス胃腸炎の詳しい情報は、ロタウイルス胃腸炎をご参照下さい。

ロタワクチンについて

みずぼうそう予防接種

種類
 生ワクチン (任意予防接種)
 経口(飲む)ワクチンです。

接種時期
ロタワクチンの種類によって異なります。
ロタリックス(1価ワクチン)
生後6週〜24週の乳児が対象で、生後6週から24週の間に4週以上の間隔をあけて合計2回接種します。

ロタテック(5価ワクチン)
生後6週〜32週の乳児が対象で、生後6週から32週の間に4週以上の間隔をあけて合計3回接種します。

接種回数
ロタワクチンの種類によって異なります。
ロタリックス
 合計2回

ロタテック
 合計3回

接種量
ロタワクチンの種類によって異なります。
ロタリックス
1回1.5mlを経口接種

ロタテック
1回2ml経口接種

ワクチンの副作用(副反応)

嘔吐、下痢、発熱、食欲がない、咳、鼻水などがみられることがありますが、数日でよくなります。
基本的に、重い副作用はほとんどありませんが、接種後は、お子さんの様子を観察して、様子がおかしい場合には、かかりつけ医に連絡しましょう。

お役立ち情報

ロタリックスとロタテックの違いについて
ロタリックスとロタテックの違いは、接種回数や接種量が違いますが、大きな違いは1価であるか5価であるかです。
これは、ウイルスの型が1種類か5種類かということで、単純に考えると5種類入っているほうが、予防効果が高いと思いがちですが、実際にはどちらも同等の効果があるようです。
このようにロタワクチンは2種類ありますので、どちらを接種するかは、接種する医療機関にお尋ねください。

接種した赤ちゃんのうんちにはウイルスは排泄されている?
ロタワクチンを接種した赤ちゃんの便中には、1週間程度ウイルスが排泄されていますが、このウイルスによって他の方が感染して胃腸炎を起こす可能性は低いようですが、日ごろよりおむつなどを処理したあとは石鹸でしっかりと手を洗う習慣をつけるようにしましょう。